今週のSANFRECCE Diary


<18.7.19>  2ヶ月の中断を経て昨日再開したJ1リーグ。ホームにG大阪を迎えて第16節を戦ったサンフレッチェは、4-0で快勝して幸先の良い再スタートを切りました。
 先発は中断前のC大阪戦から1人入れ替えて、以下の布陣で戦いました。
       林

和田  野上  水本 佐々木
    (→千葉65分)
   青山    稲垣

 柴崎         柏
 (→川辺59分)
    パト  工藤
         (→ムイ671分)
    
SUB:中林、馬渡、松本、森島
 対するG大阪は、GK:東口、DF:米倉、三浦、ファビオ(退場)、初瀬、MF:高江、マテウス、遠藤、倉田(→中村75分)、FW:ファン・ウィジョ(→菅沼13分)、アデミウソン(→食野68分)、と言うメンバーでした。試合が動いたのは前半8分。青山にアフタータックルを仕掛けたファビオがスパイクの裏を見せた、と言うことで一発レッド。これで守備の再構築を迫られたガンバは、ファン・ウィジョに代えて菅沼を投入して引き締めを図ります。しかしその堅い守備をこじ開けたのは前半26分。何本もパスをつないでガンバの守備に隙を作らせ和田が右サイドの深い位置からクロス。これにゴール前で待ちかまえていたパトリックがDFと競りあいながらヘディングでゴール右隅に叩き込んで先制点を奪います。更に前半41分には青山のアーリークロスがパトリックにドンピシャで合って、2点リードで前半を折り返しました。続いて後半早々の4分には柏のクロスをパトリックが落とし、これを工藤が左足で叩き込んで3点差。更に後半41分には青山のスルーパスで抜け出した柏のクロスにティーラシンが左足を合わせて流し込んで、ダメを押しました。(詳細は後ほど)

広島公式サイト  G大阪公式サイト
Jリーグ公式サイト試合データ
ゲキサカ  戦評
日刊スポーツ  スコア速報  戦評  青山  G大阪
サッカーダイジェストWeb  採点&寸評  戦評
<18.7.19> プレスリリースによると、丹羽大輝選手がFC東京に完全移籍することになりました。中国新聞によるとG大阪時代の指揮官だった長谷川監督が強く望んでいたそうで、広島は慰留に努めたものの丹羽が移籍を決断した、とのこと。足立強化部長は「苦しい時に来てくれ感謝しかない。恩師の誘いが大きかったのだろう。(広島には)若手にいい選手がそろっているので補充はしたくない」と語っています。
 昨年はJ2降格の危機に陥った広島に来て、DFリーダーとして、またチームのまとめ役として活躍した丹羽の存在が大きかったのは間違いないところ。今年はけがの影響もあってリーグ戦1試合の出場にとどまりましたが、それまで主に出ていたルヴァンカップで丹羽がいなくなった途端に勝てなくなったことからも、その存在の大きさが分かると言うものです。移籍先が2位のFC東京と言うこともあって、サポーターとしては喪失感の大きい移籍となってしまいましたが、丹羽選手には感謝の思いしかないので、今後も頑張って欲しい、とエールを送りたいと思います。
<18.7.18> 中国新聞によると昨日の練習では冒頭以外を非公開にして集中力を高めて行ったとのことです。豪雨被害からの復興に力を尽くす広島の人たちに力を与えるのは、サンフレッチェが勝利すること。今日は選手もスタッフも「がんばろう広島」の思いを込めて、試合に臨むことになります。
 今日の試合会場はエディオンスタジアム広島で、午後7時キックオフ。選手入場後にはオタフクホールディングスから花束贈呈が行われる他、豪雨で亡くなった方々への黙祷を捧げます。おまつり広場では午後4時から、「オタフクソース特設ブース」で先着900名様に「広島お好み焼こだわりセット2人前と新入社員が育てたキャベツ」をプレゼントします。また、昨年に引き続き「たこ家道頓堀くくる」が出店して、本場大阪の「大たこいりたこ焼」を8個入り750円で販売します。
 サンフレッチェクラブ会員限定プレゼントは、ティーラシン選手のプレミアムカード。メイン・バックの両総合案内所では、選手も加わって「平成30年7月豪雨」に対する義援金の募金活動を行いますので、ぜひご協力下さい。
 今日はテレビ放送はなくDAZN配信のみとなっています。今日は仕事の関係で速報はできませんので、スタジアムに行けない&TVを見れない方は、TSSサンフレッチェ広島の試合速報や、Jリーグ公式サイトをご覧ください。
<18.7.17> 明日は2ヶ月ぶりのJ1リーグ戦再開。サンフレッチェはホームにG大阪を迎えます。
 第12節の鳥栖戦、第13節の仙台戦に連勝して15位まで上がって勢いに乗るかに見えたガンバでしたが、その後札幌、横浜FM、浦和に勝てずに降格圏に沈んだままで中断を迎えました。また天皇杯では関学大にジャイアント・キリングを許してしまいましたが、しかしルヴァンカップではプレーオフに連勝してベスト8進出を決めています。前回の対戦以降の公式戦の戦績は次の通り。
L5A ○3-2 広島  【G】食野、妹尾、西野、【広】フェリペ・シウバ、渡
14A △1-1 横浜FM 【G】藤本、【横】天野
L6H ●1-4 名古屋 【G】長沢、【名】畑尾、内田2、児玉
15H △0-0 浦和
LPO1 ○1-0 磐田  【G】ファン・ウィジョ
天2 ●1-2 関学大 【G】三浦、【関】岩本、山見
LPO2 ○3-2 磐田  【G】ファン・ウィジョ3、【磐】松浦、川又
 低迷からの脱出のためには起爆剤が必要だと考えそうなものですが、しかし中断期間中の補強はなし。むしろ矢島と泉澤を期限付き移籍で放出しているところを見ると、戦力的には十分だと言う自信があるのかも知れません。
 対するサンフレッチェですが、城福監督のインタビューによるとチーム内競争が激化しているとのこと。ベリーシャが加入したFWだけでなく、千葉の復帰や川辺、森島、松本、馬渡、川井らの成長によって「18人を選択することすら難しい」(城福監督)状態なのだそうです。と言うことで明日のメンバー予想は非常に難しいのですが、再開後初の試合だということから、大きくは変えない、と予想します。
       林

和田  野上  水本 佐々木

   青山    稲垣

 柴崎         柏

    パト  ムイ
    
SUB:廣永、丹羽、吉野、森島、川辺、Fシウバ、工藤
 2位と勝点差9を付けて首位を快走中の広島ですが、そのくらいの差は負けが込めばあっという間に詰められてしまうもの。むしろ18チーム制となった2005年以降、W杯による中断期間前に首位だったチームが年間最多勝点で終わった例はない、と言うデータの方が気になります。サンフレッチェとしては初心に戻って、チーム全員の心を合わせて今後の熱い戦いを勝ち抜いて欲しいと思います。
<18.7.16> 昨日高円宮杯プレミアリーグウェスト第9節をアウェイで戦ったサンフレッチェユースは、京都U-18を2-0で下して暫定順位を3位に上げました。メンバーは今のところ不明で、得点は前半43分に大堀、後半36分に森保でした。豪雨災害の関係でサンフレッチェユース等の試合が延期になった第8節と、第9節の第2日を終えた時点での結果、及び暫定の順位表は次の通り。
【第8節】
C大阪U-18 1-0 阪南大高
名古屋U-18 0-1 京都U-18
米子北高  0-2 東福岡高

【第9節】
神戸U-19 0-4 名古屋U-18
京都U-18 0-2 広島ユース
東福岡高 4-1 福岡U-18
米子北高 1-4 C大阪U-18

       勝点 試合 勝 分 負 得失差
1C大阪U-18  17   9     5   2   2    +6
2京都U-18   17   9     5   2   1    +4
3広島ユース  16   8     5   1   2   +12
4名古屋U-18  16   9     5   1   3   +10
5東福岡高   16   9     5   1   3    +5
6神戸U-18   15   8     5   0   3     0
7G大阪ユース  9   6     2   3   1    -1
8福岡U-18    4   7     1   1   5    -7
9阪南大高    4   8     1   1   6    -9
10米子北高    3   9     1   0   8   -20

<18.7.15> 中国新聞によると左足首を手術した渡が一昨日の練習から部分合流したそうですが、その一方でティーラシンは右足痛を訴えて別メニュー調整だとのこと。またベリーシャは5月上旬のAリーグ終了後は1ヶ月ほど身体を動かしていなかったそうで状態はまだ6、7割。出場が可能になる22日の名古屋戦に「最低45分は出られる状態に持って行きたい」とコンディション調整に務めているそうです。ただその一方で、フェリペ・シウバがFWとして練習していて紅白戦でゴールも決めているとのことなので、G大阪戦でパトリックのパートナーのポジションを工藤と争うことになりそうです。
SANFRECCE Diaryトップページに戻る